///フラットシューズは痛くない??

フラットシューズは痛くない??

フラットシューズは痛くならない?

ここ数年とても人気のフラットシューズ。

カジュアルな外見もさることながら、パンプスより履きやすい(=痛くない)シューズとして、
女子の中で確実に市民権を得ました。

しかし、フラットシューズなら
絶対に足が痛くならないものなのでしょうか?

フラットシューズでも足は痛くなる。

答えは「痛くなることがあります!」です。

パンプスのみならず、フラットシューズも既成靴の場合は、
ワイズがEまたは2Eが多いはずです。
そのため、これらのサイズでない人が履くと、
フラットシューズでも前滑りが起こるため、痛くなります。

※前滑りとは、靴と足のワイズが合っていないため、
歩行中に足が靴の前方に滑ってしまうこと。
これにより、足の指先等に痛みが生じたり、歩行しづらくなる。

職業柄、いつも街行く女性の足元を見てしまいますが、
フラットシューズでも踵がパカパカして
歩きづらそうな方がたくさん
いらっしゃいます。

フラットシューズの方がヒールは低いため、
「ヒールの高い靴よりは前滑りしづらい」と思いますよね。

ヒールの高い靴の方が足の前方に体重がかかるため、その点では正しいのですが、
ヒールの低い靴の方が足の可動域が広く、足が靴の中で動きやすい(=前滑りしやすい)こともあり、
ヒールの低い靴の方が、前滑りや痛みを感じることが多かったりもするんです!

また、外反母趾/内反小趾気味の方は、出っ張っているつけ根の骨を見てみてください。
カカトを上げると少しずつ凹んでいくのですが、カカトがついた状態だと一番骨が出っ張るのがわかりますか?
つまり、ヒールが低い方がつけ根の骨は出っ張るので、当たりやすい状態になります!

足の特徴によってヒールの低い/高い靴が歩きやすい、というのは変わってきますので、
ヒールを敬遠せずに違いを試してみていただき、
自分の足に合うヒールの高さを把握するのがオススメです!

フラットシューズに関しても、
足長に加えて「ワイズ」の合った靴を是非探してくださいね。

オーダーメイドシューズのShoePremo(シュープレモ)では、
現在フラットシューズのお取り扱いがありません。
でもお客様のニーズが多ければ、フラットシューズも扱いたいと思っております。

フラットシューズのお取り扱いをご希望の方は、お気軽にその旨ご一報くださいませ!

※フラットシューズ(2.5cmヒール)を2016年にリリースしました!

※リニューアルし、3.5cmヒールに生まれ変わりました!(2019年4月)
詳しくはこちら

2019-04-25T23:42:37+00:002014年4月29日|パンプスの悩みと解決法|