///「オーダーメイドシューズ」という選択肢

「オーダーメイドシューズ」という選択肢

理想の一足を「探す」から「つくる」へ

あなたの理想の一足はどういうパンプスですか?

足が痛くならない、疲れにくい、歩きやすい、走れるといった「性能面」の条件もあれば、ヒール7cm以上、色はピンクベージュ、素材はエナメルといった「デザイン面」の条件もあると思います。

ただし、「こういうパンプスが欲しい!」と思い描いていても、なかなかそんなパンプスに出会うのは難しいもの。特に、「デザインは理想的だけどちょっと足が痛いかも・・・」というように、「性能面」の条件は「デザイン面」の条件より優先順位が低くなることが多いですよね。そしてまた履けないパンプスが増えていくという悪循環・・・

そんな悪循環を断ち切り、「性能面」「デザイン面」両方の条件を叶えられるのが、「オーダーメイドシューズ」です。

理想の一足を「探す」のは相当難しいですが、
特にオンライン上でオーダーできるようになったことにより
「つくる」ことが以前より格段に簡単になっています。

「オーダーメイドシューズ」にも種類あり

しかし、「オーダーメイドシューズ」と一言にいっても、
実はいくつかの種類が存在します。

<オーダーの範囲による分類>

  •  フルオーダー:自分の足の木型をつくるところから始まり、シューズのデザインまですべてオーダーメイドでシューズを製作。木型をつくるには足の計測が必要なため、オンラインではオーダーできず店舗に行く必要あり

    また、木型づくりにコストがかかり、
    値段が高め(5万円〜)。

  • セミオーダー:予め用意された木型を使用するが、デザインの選択が可能。足を計測しないため、オンラインでオーダー可能なところが増えている

    木型はつくらないため、既成靴よりは値段が高いが、
    フルオーダーよりは安め(2万円台〜5万円程度)。

※木型:シューズを製作するための型。木型に革などを貼りあわせていくことでシューズをつくる。シューズの履き心地・デザインを左右する。

お客様のニーズに合わせて、オーダーメイドシューズももっと身近な選択肢の1つになれればいいなと思っています。

 

2014-10-19T13:36:46+00:002014年3月24日|オーダーメイドシューズ|