///素足・ストッキング・タイツ・靴下とパンプスの関係

素足・ストッキング・タイツ・靴下とパンプスの関係

靴ジプシー(幅狭・左右サイズ違い)のためのオーダーメイドシューズ・ブランド、ShoePremo(シュープレモ)です。

ますます秋が深まってきましたね。寒くなってくると、パンプスにタイツを合わせる方が多くなります。

ShoePremoには最近、

「タイツに合わせたいので、再度自宅フィッティングに申し込みます」

というお客様が急増中です。

この感覚がとても大事です!!!

パンプスは素足・ストッキング・タイツ・靴下で履くことがありますが、それぞれにより足の状態(大きさ)が変わるため、フィット感が微妙に異なるのです。

ですから、「ストッキング」でフィッティングしたお客様が、「タイツ」に合わせてもう一度フィッティングするというのは、とても正しいことなのです。

ほんの数ミリの話でしょ・・・?と思うなかれ。靴はこの数ミリの差で、フィット感に「天と地の差」が生まれます。

「ストッキング」でぴったりのパンプスを、休日に「素足」で履いて出かけたところ、靴ずれができてしまったことがありませんか?

これは、「ストッキング」と「素足」では足の状態が異なるからなのです。

素足にストッキングを履くので、ストッキングを履いた状態の方が足が大きいのでは?と思いがちですが、ストッキングには収縮性があるため、足は小さくなることに加え、ストッキングの方が靴の中で足が滑りやすくもなります。

「素足」と「ストッキング」でのフィット感も、違うものと考えてください。

これからの季節、厚手の「タイツ」を履くことが多い方は、厚手の「タイツ」を履いてパンプスのフィッティングをいたしましょう。

失敗しない靴選びのフィッティングは、自宅フィッティングや試着・オーダー会でご体感ください。

素足・ストッキング・タイツ・靴下、それぞれに合わせた調整をして、パンプスをいつでも快適に履きましょう!

2015-11-22T20:57:20+00:002015年11月22日|足のサイズ・フィッティング|