///幅狭/幅広/左右サイズ違いさんにとって、春から秋は”痛い”季節?

幅狭/幅広/左右サイズ違いさんにとって、春から秋は”痛い”季節?

Before: 冬は”割りと楽”、春から秋は”痛い”季節

ゴールデンウィーク後半の首都圏は、
過ごしやすい日が続いています。

足元を飾る靴も、ダークカラー中心の冬のブーツなどから、
春らしい明るい色のパンプスやフラットシューズに
あっという間に変わりましたね。

既成靴が合わない足の私にとって、
冬場は比較的靴の悩みが少ない、『割りと楽』な季節でした。
なぜなら、ブーツは足を覆う面積がかなり多いため、
サイズがぴったりでなくても痛みが生じることが
少ないからです。

一方、春から秋は、パンプスやサンダルといった
足の露出度の高い靴が履きたくなる季節。

パンプスやサンダルは足を覆う面積が少ないだけに、
サイズが合っていないと足が痛くなってしまいます。

既成靴が合わない方にとっては、とても『痛い』季節だと言えます。しかもサンダルは「素足」だったりするので、
靴ずれとか諸々・・・考えただけであぁ痛い!!

After: ぴったりサイズの靴で一年中”痛くない”毎日!

自分の足のサイズ(足長・ワイズ)をよく知らなかった頃は、
いろんなブランドのシューズを試してもどれも痛いので、
靴に合わない足に生まれたせいなのだと、
痛くない靴を見つけるのを半ば諦めかけていました。

「パンプスは痛くて当たり前」「パンプスは痛いもの」という
固定観念が、いつの間にか頭に染み付いていたんですね。

しかし、自分の足のサイズ(足長・ワイズ)を知り、
特にワイズの合った靴に出会って初めて、
「サイズの合うパンプスは痛くない!」ということを
体感しました。

今となっては、毎日毎日辛かったあの足の痛みを考えると、
よく耐えていたなーと自分を褒めてあげたいくらいです。

自分の足のサイズ(足長・ワイズ)を知ることが、
「痛くない」毎日への第一歩
です。

ちょっと面倒くさいかもしれませんが、
それで「痛くない」毎日を手に入れられるなら、
損はしないと思います。

ご自分で簡単に計測できますので、是非やってみてください!

自宅で簡単!足のサイズ計測方法

JIS(日本工業規格)が定める足のサイズ
(FHA 足と靴と健康協議会HP)

2014-10-07T20:05:31+00:002014年5月4日|足のサイズ・フィッティング|