///ベビーシューズのオススメは?(続き)

ベビーシューズのオススメは?(続き)

前回の続きで、ベビーシューズのチェックポイントとオススメをご紹介いたします!
(ベビー以上のお子様や大人のスニーカー選びにも当てはまります。)
(ベビーならではの項目は1番と5番です)

自分の経験を踏まえると、子供には足に合う靴を履かせてあげたい!と思うのが親心。
何かしらご参考になりますと幸いです。

前半記事はこちら

【ベビーシューズのチェックポイント】
1. 中敷きが取り外し可能なこと
2. 甲周りを充分に調整できること
3. ボール位置で曲がること
4. カカトがしっかりしていること(カウンターが固いこと)
5. 足首付近までカバーしていること

次の4と5は、いずれも未熟なカカト(及びふらつきやすい足首)を守るためのポイントです。

4. カカトがしっかりしていること(カウンターが固いこと)
書きながら、学生時代にカカトを履きつぶして履いていたことを思い出しました・・・(恐)

パンプスも同じですが、靴のカカトには形状維持のために「カウンター」という芯材が入っています。
カウンターを見るポイントは、

固いかどうか
カウンターがどこまで入っているか

です。

固いカウンターが入っていると、カカト周りのフィット感をキープしてくれるだけでなく、
ベビーのように未熟なカカトを守ってくれます。
ふにゃふにゃなカウンターだと、カカト周りのフィット感がすぐにゆるくなってしまい、
カカトも安定しません。(カウンターが入っていない靴もあります!)

またパンプスは足の甲から足首までを抑えられないため、
足を支えるためには、カカトから土踏まずまでかかる長いカウンターが入っていたほうがベターです。
(ShoePremoのパンプスには、長いカウンターが入っています!)

スニーカーのカウンターはパンプスより断然短く、
カカトだけに入っていることが多いですが、
メーカー毎、デザイン毎、カウンターの形状や種類は様々ですので、
固くてしっかりとしたカウンターが入っているかどうか、チェックしてみてください!

5. 足首付近までカバーしていること
上記4と同じですが、未熟なカカトのため、足首がふらつきやすいのがベビーの特徴です。
そのため、カカトから足首にかけて、しっかりと固定できる、
ハイカットやミドルカットのデザインがおすすめです。

 

最後に、1-5を満たす個人的なおすすめスニーカーの発表です!!

アシックス 「GD.RUNNER(R) BABY」「コンフィ Baby」シリーズ

一例はこちら
https://amzn.to/2T0seOH

2本のマジックテープがしっかりと甲を抑えられるデザイン。
カカトから足首にかけてもしっかりサポートされています。
色も意外と豊富です!

最近、急にかけっこが大好きになった息子(3歳)。
マジックテープをしっかりと締めて、甲に指が入らないかチェックを怠りません 笑
まだマジックテープを上手く締められない時もあり、
「走りにくいからきつくしてー」と言ってきます。

なお、アシックスの下記サイトは子供の足について非常に詳しく書いてありますので、
ご参照ください。

特に、すぐに大きくなるから・・・と大きめの靴を買ってしまいたい気持ちはわかりますが、
大きめの靴を履いているときの歩き方への影響は、必見です!!

良くない靴を履いていると?(株式会社アシックス様 公式サイトより)

 

子どもの身体と足の特徴(株式会社アシックス様 公式サイトより)

2019-02-23T10:57:48+00:002019年2月23日|足のサイズ・フィッティング|