//カリーヌ・ロワトフェルドに学ぶヒール靴との付き合い方

カリーヌ・ロワトフェルドに学ぶヒール靴との付き合い方

フランスVogueの元編集長で、「今世紀最大のファッショニスタ」と呼ばれるカリーヌ・ロワトフェルドさん。

現在、彼女のドキュメンタリー映画

『マドモアゼルC 〜ファッションに愛されたミューズ』

が公開中です。

モデルとしてキャリアをスタートし、その後スタイリストを経てVogueの編集長になったカリーヌ。

彼女自身、それはとてもオシャレなのですが、愛してやまないファッションアイテムが「ハイヒール」です。

そんなカリーヌに、「ハイヒール」との付き合い方を学びたいと思います。

カリーヌの格言:「ハイヒールは力をくれる。」

カリーヌはこんなことを言っています。

“Always wear high heels. Yes, they give you power. you move differently, sit differently and even speak differently.”

(goodreads.comより)

そう、ハイヒールは靴自体が可愛いというだけでなく、履いているその人自身を変える力も持っているんですね。

ハイヒールを履いていると、歩き方、座り方だけでなく、話し方まで変わってくる。女性としての自信をハイヒールは与えてくれるのかもしれません。

ハイヒールはマストアイテム

エル・オンラインによる独占インタビューの中で、カリーヌは彼女のスタイルをこう表現しています。

『自分のスタイルはいつ、どんなときでも同じなの。ウエストを絞ってフィットした服、ペンシルスカート、ハイヒール、サングラス。以上よ。』

映画の中でも、彼女のスタイルはそれはとてもオシャレ。カリーヌのように、ハイヒールを履きこなしたいものですね。

Tシャツにジーンズに「スニーカー」から、
Tシャツにジーンズに「ハイヒール」にするだけでも、
クラス感のある着こなしになります。
ハイヒールを上手に履きこなして、女性であることを楽しみたいです。

12cmヒールは高すぎた??

そんな「ハイヒール」を愛してやまないカリーヌ。59歳の今も常に12cmヒールでバリバリと仕事をしてきた彼女ですが、エル・オンラインのインタビューであることを告白しています。

『今シーズンの私のマストはローヒールの靴。なぜなら最近腰を痛めたから(笑)。』

どうやら、腰を痛めてしまったようですね。
痛めた原因は記事からはわかりませんが、12cmヒールも足や腰への負担は大きく、普段履きとしてはとてもオススメはできません。

健康を害しては元も子もないので、高すぎるヒールは避けたいものです。

—————————————————————————–

以前テレビで、70歳を超える女優、五月みどりさんが、
今もきれいでいるためにハイヒールを履いて出かけていると
おっしゃっているのを見ました。

女性にとって、
ハイヒールはいくつになっても最強の女子力アップアイテム
ハイヒールと長く上手に付き合っていきたいですね!

エル・オンライン「カリーヌ・ロワトフェルドにASK! “究極”のファッション質問」2014年5月8日より

2014-10-07T20:00:43+00:002014年5月12日|靴のLOVE Tips|