///症状別パンプスお悩み解決法③足の指先が靴に当たって痛い

症状別パンプスお悩み解決法③足の指先が靴に当たって痛い

足の指先が靴に当たってしまう時、かなりの激痛がはしります。「でも気に入っているシューズだし、我慢して履こう!」
と頑張っている方も多いのでは?

今回はこの症状の原因と、解決方法をご紹介します。

原因はワイズが合っていないこと!

靴は最低でも足長とワイズ(足幅・足囲)が合っていないと、「可愛いけど痛くて履けない靴」になる可能性が高いです。

ところが、「ワイズ」表記のない靴も多いし、
「ワイズ」を意識して靴を購入していない方も多いと思います。

(詳しく知りたい方は「パンプスにワイズ表記がない理由」をどうぞ。)

基本的には、足長だけを考慮して購入してしまった場合に、
「足の指先が痛い!」という事態が発生します。
そのメカニズムはこちらです。

靴には「捨て寸」という、本来であれば指が入らない空間があります。そのため、23.5cmと表記された靴でも、捨て寸が1cm以上程度加わるため、出来上がりは24.5cm以上の靴になっています。

なぜ「捨て寸」が必要かというと、歩いている時に靴と足は少なからず「ズレる」ため、指先に余裕を持たせる必要があるからです。

本来であればこの「捨て寸」があるため、足の指先が靴に当たることはないのですが、「ワイズ」が靴と合っていない場合、足が前へ前へと滑ってしまい、靴にあたって痛いということが発生します。

このような経験がある方は、ワイズが細めな「幅狭さん」である可能性が高いです。
是非一度、ご自分の足サイズを計測してみましょう!

「指先クッション」は対症療法としては有効

最近は100円ショップでも数多くのインソール・クッションが販売されています。

その中に・・・ありました、指先に詰める用のクッションです。こういったものを使用することで、足の痛みを和らげることができます。

しかし、クッションは次第に薄くなってきてしまうもの。そして上記の原因を元から治す方法ではないため、完全に解決することは出来ません。

足の健康は、体全体の健康に大きく影響します。
何より、自分の足に合った靴を履いていないと、
せっかく可愛いシューズを履いていても、歩き方が変になったり痛くて歩けなくなるなど、女子力アップどころか逆にマイナス効果を生んでしまいます

「服に着られる」ならぬ、「靴に履かれる」のではなく、
「靴を履きこなす」ためにも、
足長とワイズ(足幅・足囲)が合っている靴を
是非履いてくださいね!

2014-10-07T21:17:32+00:002014年4月10日|パンプスの悩みと解決法|