ベビーシューズのおすすめは?

度々ご質問いただくので、チェックポイントとオススメをご紹介いたします!

ベビーシューズって、見ているだけでも可愛いですよね。
ところが、じっくり見てびっくり(職業病で約20足ほど比較しました 苦笑)、
下記5つのポイントを満たしているシューズの少ないこと!!

基本的な靴選びとポイントは変わらないので、
ベビー以上のお子様や大人のスニーカー選びにも当てはまります。
(ベビーならではの項目は1番と5番です)
ご参考になりますと幸いです。

【ベビーシューズのチェックポイント】
1. 中敷きが取り外し可能なこと
2. 甲周りを充分に調整できること
3. ボール位置で曲がること
4. カカトがしっかりしていること(カウンターが硬いこと)
5. 足首までカバーしていること

1. 中敷きが取り外し可能なこと
ベビーはなんと、2歳半くらいまでは1年間で約2cmも足が大きくなります!
ですが、きつくなっても「キツイ!」とは言えないのがベビー。
また足が柔らかいため、多少きつくても足が入ってしまうということもあります。

適切なサイズか確認するために、
中敷きを取り外して、その上に立ってもらって確認しましょう。

中敷きが取り外せるかどうかは、ベビーシューズにとって必須の条件です!

2. 甲周りを充分に調整できること
これは、幅狭さんならお気づきですね!
小さい頃は骨もアーチも未熟で柔らかい足のため、幅広めです。

だからといってベビー全員が足囲2Eかと言ったら、そんなことはありません!
私の息子(3歳)は現在、足囲Dです。

ベビーは紐は縛れないので、マジックテープが主流ですが、
厄介なことにマジックテープでもほとんど調節が効かないタイプも多いです。
お子様が座った状態で足を入れた時に、甲周りをしっかりと抑えられるシューズがオススメです。

なお、甲周りの調節機能が全くないベビーシューズもたくさんあります。
足が靴の中で前後してしまうと、どういうことになるか・・・
みなさまご存知ですよね!

3. ボール位置で曲がること
こちらも試着・オーダー会にお越しいただいたことがある方はご存知ですね。
ベビーシューズも同じです。

なかには柔らかいことをウリにしていて、靴を曲げると靴の中央(土踏まずあたり)で曲がってしまうものもあります。
足は真ん中で曲がるのではなく、親指と小指のつけ根のライン(=ボール位置)で曲がりますので、
ベビーにも同様のものを選んであげましょう。

※長くなるので、次回に続きます!

 

2019-01-28T14:57:15+00:002019年1月28日|足のサイズ・フィッティング|