///ShoePremoの7.5cmヒールはどんな靴?

ShoePremoの7.5cmヒールはどんな靴?

これまでパンプスで痛い思いをしてきた方は、

「私には、7.5cmヒールはちょっとヒールが高すぎる・・・?」

と思うかもしれません。

私自身、足に合わないパンプスを長年履いてしまっていたので、『ヒールが高い=足がより痛くなる!』と思う気持ち、本当〜によくわかります!!

ハイヒールは好きだし履きたいけど、痛い、痛すぎる・・・涙

自宅マンションの部屋を出て、エレベーターに乗る10mくらいの距離でギブアップし、別の靴に履き替えたことが何度あったことか・・・

今では、懐かしいエピソードです。

足に合うパンプスであれば、7.5cmヒールでもしっかりとカカトに乗れます。そのため、

「7.5cmヒールもあるとは思えない!!本当に7.5cmもあるんですか?!」

「ヒールが高いのに安定感がすごい!」

「ハイヒールはもう無理だと思っていたので・・・嬉しくて顔がにやけちゃいます 笑」

といった嬉しいお言葉をたくさん頂戴しております!

今回の7.5cmヒールは全てのお客様に是非一度履いてみていただきたい、自信作です!パンプスが痛いという方は、是非一度、お試しくださいませ。

★SlimFit 7.5cmヒールの特徴★

 

 

 

 

 

 

 

・カカトがついてくる!
実は足の仕組み上、ヒールが高い靴の方がカカトはついてきやすくなります。その上、カカトの形状や靴の部材など様々な工夫を凝らしているので、これまで以上にカカトが楽についてきます。

これまでパンプスにはストラップが

・指先が最高に楽!
ShoePremo史上、最も指先が楽になる設計を実現しました!
指が長い方は特に靴選びが難しいものですが、そんな方にも自信を持ってお試しいただきたい一足になっています。
5.5cmヒールでは指先伸ばしが必要な方も、今回の7.5cmヒールでは伸ばしが必要ないかもしれません。

・フラつかない!
ヒールが高いとフラつきが気になる方もいらっしゃると思います。ところがところが・・・重心がストーンとカカトの下に抜けるよう、様々な工夫を凝らしています。
また、足に合うパンプスだとヒールの高さを感じにくくなるので、お客様に「7.5cmヒールもあるとは思えない!」と言っていただけました。

また、外反母趾/内反小趾で痛みがちな親指と小指のつけ根の骨は、カカトを上げると引っ込むので、骨の当たりが気になる方にも、7.5cmヒールは比較的オススメだったりします。

更に言うなれば、誰が決めたか、「7.5cmヒール程度が一番脚がキレイに見える」とも・・・

開発の段階で、長距離を歩いてみたり、階段を歩いてみたり、色々なテストを行いますが、試着・オーダー会の日にも、丸一日7.5cmヒールを履いてみました。

常にカカトがついてくるのはもちろんのこと、
フィッティングを行うので立ったりしゃがんだり、かなりハードに足を使いましたが、靴ずれもせず、快適に過ごすことができました!

是非一度、履いてみてくださいね。
みなさまのお越しをお待ちしております!

<シューズのお写真はこちら

———————————

<7.5cmヒール概要>
・足長:21cm-25.5cm
・ワイズ:3A/2A/A/B/C
・ヒール高さ:7.5cm
・ヒールタイプ:スリムヒール
・トゥタイプ:アーモンドトゥ
・色・素材:現状の2.5cmヒールと同じ+α
・価格:33,000円~(税抜)
・納期:約2ヶ月

<色・素材詳細>
【アッパー:約30種類】
【ヒール:5種類】

※色・素材は適宜追加・変更しております。

<デザインシミュレーションはこちら

———————————

2018-03-19T14:19:07+00:002017年5月1日|シューズデザイン|