//開発秘話:「ブーツに足が入らない?!」

開発秘話:「ブーツに足が入らない?!」

ShoePremoのパンプスに出会う前は、私はこう思っていました。
「秋冬はブーツがあるからまだラク!(=パンプスが超絶ツラい)」

そうです、ブーツはカカトが脱げることはないので、
足に合わずパカパカ抜けてしまうパンプスよりは、まだラクに感じていたんですね。

ところが、足に合うパンプスに出会ってみると、その立場が大逆転。
何足ものブーツを試しましたが、「これ、何かの修行ですか??」と思わずツッコみたくなるほど、
幅狭足にはツラいものばかり・・・

確かにカカトは脱げませんが、足を覆う部分が多いことで、
カポカポ・スカスカ、足がブーツの中で泳いでしまっていることがよくわかります。

また、ブーツの中で前滑りすると反射的に足の使い方が変化し、
無理な歩き方になってしまうことに気がつきます。
(お持ちのブーツで体感してみてください!)

ですが、寒い季節はやっぱりブーツ、という方も多く、
たくさんのご要望をお寄せいただき、ブーツの開発に着手しました。

いざ開発に着手してみると、幅狭ブーツならではの様々な問題が・・・

————————————-
・幅狭設計だと、ブーツに足が入らない?!

幅を狭く、カカトも小さくすると、ブーツの間口が狭くなりすぎて、
そもそもブーツに足が入らない、という前代未聞の事件が起こりました!

足が入らないと靴としてはどうにもなりませんが、

「足がブーツにラクに入る = 隙間がある(ブカブカな)ブーツ」

になってしまいかねません。

足を入れやすいように隙間を持たせる方向ではなく、
あくまで幅狭設計の高いフィット感を維持しつつも、足が無理なく入る工夫を探求しました。

解決策の一つは、「バックジップ(カカトにジッパーが位置するタイプ)」。

ブーツに多いサイドジップ(足の内側にジッパーが位置するタイプ)だと足をひねっても入りませんが、
バックジップだと足を真っ直ぐ入れられるため、カカト周りも小さい幅狭設計でも足を入れやすくなりました!
(もちろん、バックジップでもカカトに響かない工夫を凝らしています)

・靴下・タイツの厚み問題

ブーツを履く理由の一つに、寒さ対策があります。
そのため、ストッキングより厚みのある靴下やタイツをブーツに合わせることが多くなります。

私の足囲は3A(パンプスも3A)ですが、手持ちのタイツを合わせると3Aのブーツにはとても足が入りません!
またもやブーツが狭すぎて足が入らない事件、勃発です。

タイツを履くことで足囲が広くなり、ワイズAのブーツでぴったりでした。
(靴下だと、ワイズCのブーツでぴったりでした)

靴下もタイツも様々な厚みがあるため、非常に悩みましたが、
ワイズA及びCの2種類をご用意いたしました。

パンプスでワイズ3A-Bを履いていただいているお客様が、靴下やタイツを履くとぴったりになるフィット感です。
ご試着の際は、合わせたい靴下やタイツをご用意のうえ、フィット感をご確認ください!

※パンプスでワイズCのお客様は、靴下やタイツを履くとブーツのCはキツくなる可能性が高いかと存じます。
誠に恐れ入りますが、ご希望のお客様はストッキングでのご着用もご検討ください。

————————————-

その他、いくつもの工夫を凝らして完成しました!

足全体を覆うデザインですので、足に合うブーツは最高に気持ちがいいんです!!
しっかりと足裏を使って歩けるので、足の血行が巡って自然と寒さ対策にもなるのではないかと推測されます。

もちろん、ShoePremoなので色・素材もお好きなものを!!
理想のブーツを是非、見つけてください。

ブーツの詳細はこちら

2020-08-24T19:57:12+00:002020年8月24日|HOT News|