/ABOUT US
ABOUT US2018-08-25T03:33:22+00:00

ブランドヒストリー

パンプスが好きだけど、痛くて絆創膏が手放せない・・・
創業者の吉岡は、こんなに痛い思いをして履くパンプスに疑問を持っていました。

自身に合う靴を追求していく中で、ようやく、足が細いため市販の靴と「幅」が合わず、
加えて左右の足サイズが異なることが原因だと突き止めました。
でも、同時に、そんな足に合う靴が世の中に無いことも知ってしまうのでした。

デザインの美しいパンプスは、諦めないといけないの・・・?

そこで、もう一人の創業者である山崎が、なんとか彼女の足に合う靴を作れないか、奔走します。 幾つものオーダーメイドシューズ工房を訪ね、そして、遂に彼女の足に合う靴を作ることができたのです!

「この問題は、私たちだけのものではないはず。困っている人は他にもいるに違いない」

2年間の構想と交渉の末、ビジネスモデルを練り上げ、協力してくれる靴メーカーを探し出し、遂に「足長x足囲」で選び、「自由にデザインできる」ShoePremo(シュープレモ)が生まれました。

「こんな靴を待っていました!」「生まれて初めてのカカトのついてくる靴です!」「痛みもファッションも我慢しなくていいなんて!」「もう一生かわいいパンプスは履けないのかと思っていました!」

多くの靴ジプシーからの支持と期待を受け、これからも「靴ジプシーによる靴ジプシーのためのシューズ・ブランド」として、 「あったらいいな!」と思う商品・サービスを今後も展開していきます。

シュープレモって
どんなブランド?

ShoePremo(シュープレモ)は

「フルオーダー並フィット感」と
「高いデザイン性」を両立するパンプスを、
「革新的な価格」で提供し、

女性毎日がより輝くことを応援するシューズ・ブランドです。

シュープレモは、靴業界に縁もゆかりもない2人が「靴ジプシー」の立場から立ち上げました。業界慣習に縛られず、「あったらいいな」という商品とサービスを追求しています。
オーダーメイドシューズは、手間もコストもかかります。それでも、手の届く価格でお届けしたい・・・そんな想いを実現するために、店舗は持たず、百貨店や貸しスペースでの試着・オーダー会の開催、そしてご注文はオンラインで24時間365日受付するスタイルを選択しています。

N. Yoshioka

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、外資系コンサルティング会社にてクライアントの成長戦略の立案に従事。激務の中、一番の悩みは自身の「パンプスの痛み」で、何とかできないかとシュープレモを創業。好きなものはベストプラクティス、嫌いなものは非効率。神奈川県横浜市出身。

C. Yamazaki

早稲田大学商学部卒業後、国内系コンサルティング会社を経て、家業の立て直しに奔走し、一年で黒字化達成。その後起業し、複数のウェブビジネスを展開。吉岡と一緒にシュープレモを創業。好きなことは改善と発酵、嫌いなものは非効率。新潟県上越市出身。

顧客満足を
最重要視しています。

私たち自身、少し前までは「お客様」の立場でした。
また、パンプスで痛い思いをたくさん重ねてきました。

だからこそ、いつまでも忘れない、忘れたくない「ユーザー目線」
お客様に満足していただける、商品やサービスを追求しています。

0%
自宅フィッティングの満足度

まずはご試着から!

試着する