///パンプスやヒールが痛い本当の理由

パンプスやヒールが痛い本当の理由

パンプスやヒールで足が痛くなると、本当に憂鬱になりますね。 ではなぜ痛くなるのでしょうか?

それはずばり「サイズが合っていないから」です。

足のサイズって長さだけでいいの?

足のサイズいくつ?と聞かれると、
ほぼ100%の方が「23.5cm」と足の長さ(足長といいます)を答えます。

では一足の23.5cmの靴があったとして、
23.5cmの人全員の足に合うでしょうか?

答えは「ノー」です。

なぜなら足は立体のため、
長さだけでなく足の幅(足幅/足囲、またはワイズ)も
靴と合う必要がある
からです。

バストやジーンズと同じ!

バストやジーンズのサイズを考えてみてください。

「D-70」や「27インチのウエスト60」といったように、
長さと幅のサイズで合わせますよね。

私も経験がありますが、
「ジーンズがきつくて履けなくなった!」という悲しい事態は、脚の長さではなく幅(ウエストや太もも)の変化に起因します。長さと幅、この両方がフィットして初めてちょうどいいサイズ
なのです。

自分の足にぴったりサイズのパンプスなら、
基本的に足は痛くなりません。
(ただし、元々パンプスは長時間履くためのものではないので、長時間履くことによって生じる痛みは別です)

靴選びの際は、「ワイズ」も忘れずに選びましょう。

足が痛くなるメカニズム

足が痛くなる主な原因は、「足と靴の摩擦」です。

サイズが合っていない靴というのは、
足と靴の間に「すき間」ができている状態です。

その「すき間」が多いと、歩くたびに足と靴がずれて
大きな摩擦が生じ、靴ずれができてしまうわけです。

絆創膏が手放せないという方は、
「すき間ができている=サイズが合っていない」
ということなので、
自分の足のサイズ(長さとワイズ)を今一度確認しましょう!

2014-10-07T16:53:25+00:00 2014年3月17日|パンプスの悩みと解決法|